<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

椅子の話 子供椅子

長男が生まれて、食事のために手作りした椅子。現場から米松の削り丸太の切れ端をもらってきて作りました。まともに道具も無いのに、以外にしっかりできています。なんとなくかわいくていまだに打ち合わせで小さい子がくると使っています。最初の使用者(現在20歳)の持ち物Ipod nanoと一緒に撮りました。スケールがわかりますか。
a0047686_10545252.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-27 10:50 | イスが好き

椅子の話 ワシリーチェア

設計事務所に勤め始めて、最初のボーナスで買った椅子。マルセル・ブロイヤーのワシリーチェア。もちろん25年前の話ですから、そんなにお金もらっているわけは無くレプリカです。5-6万だったと思います。六本木のノアビル(白井晟一が外観だけ設計)にはいっているモビリアというあこがれていたお店で買いました。当時、この椅子にかけたら本がいっぱい読めるかな、と思っていました。しかし座りごごちはいまいち(もう5センチ足が長ければ良いのかも)
どこかの喫茶店に使っていてスカートの中が見えちゃいそうで、女の人にはちょっとどうかなという話を聞いたことがあります。(私のまわりにスカートはいてる人がいないのでほんとのところはわかりませんが。)
見るほうが良い椅子かも。でもかっこいい椅子で好きです。
{作者名をグロピウスなんて書いていました。ぼけたな}
a0047686_1016487.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-27 10:20 | イスが好き

時を経たもの

昨日伺ったお宅の納屋、つぎはぎの杉の戸板と荒壁、質感とプロポーションがとても良い。このまま残したいと言ったら「はー?」そうでしょうね。でも、本物は時間を経たものほど美しいです。作った人はきっと美しいものにしようなんて思っていなかったでしょうに…。私達の作ったものもこういうモノになってくれると良いなと思います。
a0047686_16331226.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-25 16:34 | 建物

場所を感じる

はじめて敷地に会ったとき、五感を最大限ハッキして感じます。温度や風や、空気の感じ、におい、音などなど、そしてその土地にある「何か」実はこれが一番大事で、建築を作る根拠になります。写真は平塚に建てた住宅、丘の上で桜の並木がありとても良いところでした。特に山小屋風を希望されたわけでは無かったのですが、すんなり理解してもらえました。
a0047686_17332546.jpg
a0047686_1733395.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-24 17:11 | 建築講座

ミモザ

朝歩きのときはいつもカメラを持って出ません。デジカメが重いのと、頭の中に映像を焼き付けることも大事かなと思うからです。先日NHKのプロフェショナル-仕事の流儀という番組で、庭師の人が出ていたとき、キャスターの茂木さんもそんな話しをしていました。脳に刻まれた映像は生きていて、成長するようです。ですから朝はあんまりカメラは持たないようにしています。しかし今回は特別、前の日に見つけたミモザ。あんまりすごいので撮っておかなければとカメラに残しました。
a0047686_7382574.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-23 07:28 | 朝歩き

朝 今之浦

ほぼ毎日夜明け前に歩いています。私の住んでいるところは城之崎といって、磐田原台地の最南端、西に今之浦、東に安久路(あくろ)といういかにも以前は海や沼だった様な地名の場所に挟まれたところです。見付は北西になります。毎日その日の気分でこの三箇所をぐるぐると30分から45分ほど歩きます。最初は体重を気にしてのことだったのですが、あんまり効果ないのでどうでも良くなって、それよりも気持ちのよさに目覚めてしまいました。約25分歩いたところで、心と体が覚醒する感じがわかります。その時間に日が昇って、きれいな風景な場所にいられるようにコースを決めます。写真は中川と加茂川の出会う場所。いつか絵に描きたいなと思いつついまだ実現しません。
a0047686_7274957.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-23 07:13 | 朝歩き

今日のデッサン

レモンの会という絵画クラブに参加しています。もう一年、月2回12人の仲間と木炭デッサンを中心に絵を描いています。先生は尊敬する鈴木正善さん。今日は2月の第二回目、山の道具やクワ、百合の枯れ枝、壺、大鋸。普通はお目にかかれないような道具が盛りだくさんのテーマです。まだ未完成でサインはありません。
http://noharauta.petit.cc/grape2/  (Lemonの部屋から入って下さい。)
a0047686_2119432.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-22 21:20 | 表現する人

次回森とすまいの会

次回森とすまいの会のお知らせです。次回は3月4日(日)13:30から、経師屋さんが障子の張り方を指導してくれる予定です。詳しくは森とすまいの会のホームページをご覧下さい。http://www.morisuma.com
a0047686_21255119.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-19 18:39 | 新着情報

まちなみゼミ番外「南豆製氷」

伊東の帰りに寄った下田の南豆製氷、大正12年に建てられた伊豆石で作られた外壁を持つ建物。下田の清水さんという女性がとても熱っぽくこの建物の保存を語っていて、以前より興味をもっていました。今回、清水さんもまちなみゼミに参加されたので、案内してもらおうということになって下田まで向かいましたが、車の関係で外部だけ見せてもらって時間切れ。下田もまちとしてとても魅力的でじっくり歩きたいところです。写真は南豆製氷正面と西面の伊豆石の壁に屋根の母屋がかかっていたであろうと思われる穴。ちょっと無理があったかな。建物の痕跡はこの穴だけでした。しかし正面はなかなか凝っていて、石造の切妻から左手に伸びる外壁の上に木製のルーバー、アーチの入り口がなかなかのものです。ちょっとC.Rマッキントッシュみたい。
a0047686_16384511.jpg

a0047686_1639180.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-18 16:27 | 建物

まちなみゼミin伊東その二「木下杢太郎」

伊東のまち歩きで連れて行ってもらった木下杢太郎記念館、まったく知識のないままで行ったのですが、その才能のすごさに感動しました。特に晩年に描いた百花譜百選の路傍の草花木の水彩画はとても素晴らしいものでした。(あまづる、これくらい描けたら良いな)
写真下は生家の「米惣」という雑貨屋で使っていた包装紙。現代でも通じる斬新なデザインでした。明治時代のものですよ。
a0047686_16194877.jpg

a0047686_1757587.jpg

[PR]
by kinoie-aos | 2007-02-18 16:07 | 表現する人