<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

絶滅危惧種

7月に芝浦工大の三井所先生のお話を聞く機会があった。新潟の山古志村の震災後の住宅再建のお話。その中で「生業の生態系」という言葉を使われていた。山古志村のような中山間地の場合、地域の大工さんが地域の住まいづくりの担い手である。
 しかし、今回の地震でいきなり手に負えない数の住宅再建にとてもついていけず、とりあえずの今風住宅の進出が席巻してしまう。これではその地域にあった職のサイクルつまりは「生業の生態系」が崩れてしまう。
震災復興の話だけでなく今、本当にまともな職人の生業の生態系が脅かされている。
a0047686_1683188.jpg

使い込まれたノミ、良く切れる道具は無くなっていく。ここまで道具を使い込む手わざが必要なくなってしまうのか?

現在、関わっている住宅のために取り寄せられたカタログの数々、自分の設計では考えられない建材の山。誰でも簡単にできるように簡単便利にメーカーの都合でできている。
a0047686_16155311.jpg

建材の寄せ集めでは上手も下手も無い、誰がやっても同じ建物、がんばり甲斐の無い「ものづくり」。こんなの誰もやる気うせるよな‥。と思いますがいかがでしょうか?
やる気のある職人「絶滅危惧種」
[PR]
by kinoie-aos | 2008-08-01 16:23 | 建物